Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

香利菜@広島市 西区(※閉店) 


IMG_7087s.jpg


否・戦慄の不協和音



IMG_7108s.jpg


生パスタ DE コンソメスープラーメン(780円)


広島の伝説的なラーメン店として、今も語り草となっている『魚魚骨ラーメン(2004年に閉店)』の
元店主が立ち上げた『オリジナル欧風カリー 香利菜(かりな)』。

カレー専門店に転身から約2年が経過し、長らく封印されていたラーメンを日・月・水の限定メニューで
今月より復活するという話。香利菜は既食ですが、魚魚骨ラーメンは未訪だった事もあり、この機会にと
立ち寄ってみることにしました。

澄んだ色をしたスープ、器から立ち上るのは紛れもないコンソメの独特な香り。ざっくり書くと醤油味に
近いのかもしれません。だけれど、目立つのはイリコや昆布、魚介系の風味。黒胡椒が味を引き立てて、
もし仮に醤油ラーメンだとしてもかなり珍しく、じんわり優しいのに濃厚なスープに仕上がっています。

モチモチ感とコシの両方が十分に感じられる美味しい麺。えっ、パスタ?!いやいや、何の予備知識も
無ければ、それとは気付かないレベル。こんなギミックに溢れた構成がもうたまりません。スープと麺、
ダブル主演と呼んでもいい感じ。

その脇を固めるトッピングは大胆にカットされた葱に、意表を突いた感のある油揚げ。チャーシューは
しっとり美味しく、名脇役ぶりに思わずニヤリ。

ふと懐かしの”フォークダンス DE 鳴子坂”が頭を過ぎる脱力系のネーミングなれど、他の何処にもない
「美味さ」と「完成度の高さ」を同時に成立させた「ラーメン」だから、感動の一言。今後もブラッシュ
アップを重ねるらしく、どういう形で一つの結実を迎えるのか楽しみでなりません。(2013/06)



IMG_7122s.jpg

IMG_7132s.jpg

生パスタ DE コンソメスープラーメン  



IMG_7138s.jpg




オリジナル欧風カリー 香利菜

広島県広島市西区庚午北2-20-13 HTビル1F
11:00~14:30 17:00~20:30
休み 火曜
お店の詳しい場所


関連記事

category: 広島県  ラーメン

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret