Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

おか泉@香川県 宇多津町 


IMG_8289s.jpg


すべてはおいしいことから生まれる



IMG_8310s.jpg


ひや天おろし(945円)


長田』で食べ終えた後、どうやら連食モードのスイッチが入っちゃったらしい。以前に比べると
食べる量は確実に減ったのですが……まだまだ、おそるべし胃袋。宇多津町にある一般店の代表格
『おか泉』へ。

18時にお店に着くと、もちろん行列待ち。営業時間が長く、四国の玄関口という立地からも旅の
締めくくりに立ち寄る人が結構多そうです。待っている間に注文を聞かれたので、名物の「ひや天
おろし」を注文。『おか泉』に来たら、これを食べない訳にはいかないですよね。スタッフさんの
客捌きが巧く、スムーズに入店。ここまでおよそ10分待ち。席に案内されると、さほど待たずに
運ばれてきました。

2尾の海老天がそそり立ち、見た目は迫力満点。さて、どうやって食べればいいんだろう???と
いうのが最初の感想。外で並んでいる間、延々と流れていた紹介VTRを参考にして、まずは何も
入れずに冷たいうどんを啜り、次に揚げたての特大海老天を頂きます。一見ミスマッチにも思える、
冷と温の組み合わせですが、不思議と統一感があって面白いですね。

それから専用ダシや添えられたレモンを絞って器の中に投入。薬味の大根おろし、ネギ、白ゴマと
絡んで一口ごとに変化する様々な味が楽しくて、うどんと天ぷらの美味しさを引き立ててくれます。
熱々の野菜天(大葉・カボチャ・サツマイモ)も口の中でサクサクホクホク。

うどんは断面が扁平な形をしたもの。噛んだ瞬間、歯を弾き返すような強いコシもご当地ならでは。
セルフ店に比べると値段はかなり張るものの、一度は食べてみる価値があると思います。

名残惜しさを感じながら、四国を後に。さて次はいつになることやら。(2013/08)



IMG_8304s.jpg

IMG_8323s.jpg

ひや天おろし  



IMG_8284s.jpg




本格手打うどん おか泉

香川県綾歌郡宇多津町浜八番丁129-10
11:00~20:00(平日)
10:15~20:00(土・日・祝)
休み 月曜・火曜(祝日の場合は営業)
お店の詳しい場所


関連記事

category: うどん 四国地方

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret