Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

福岡ラーメンショー 2014(第ニ幕)@福岡市役所西側ふれあい広場 


IMG_2298s.jpg


「福岡ラーメンショー 2014」も後半戦を迎え、第二幕へ再び行ってきました。夕方の5時近くに会場入り。
ちょっと肌寒いかなと感じる、ラーメンを食べるには絶好のコンディションでしたが、意外にも人影はまばら。
並ぶことなく、効率的に食べることができました。



IMG_2242s.jpg


◆麺や七彩/稲庭中華そば


計12店舗が入れ替わり、第二幕には東京駅ラーメンストリートにも出店している『麺や七彩』が登場。

日本三大うどんの一つに数えられる、秋田の稲庭うどん。その製法で作られた「佐藤養悦本舗」の乾麺
(稲庭中華そば)を今回のイベントでは使用します。トッピングには鶏肉、筍、ネギ、そしてなめこ。
故に独特のとろみのある醤油スープ。食べ始めてからその存在に気付いた次第で、なめこの滑り感が元々
苦手なんですよねぇ……ラーメンとのマッチングがどうかとか関係なく、個人的な好みの問題。

やはり特筆すべきは麺。滑らか過ぎるほどの啜り心地は鮮烈で、今まで経験したことない質感でしたね。

厨房のスタッフさんが第一幕に登場した『中華そば しながわ』と同じ面々。これには少々戸惑ってしまった
訳ですが、後で調べてみると「東京ラーメンショー 2014」でコラボレーションした間柄だったのですね。



IMG_2258ss.jpg


◆らぁめん元/鶏系塩らあめん


東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー2012-2013の新人賞総合1位に輝いたお店。たまたま店主は不在、
お手伝いに入っていた現ラーメン王の青木さんに作って頂くという、予期せぬ展開が待ち構えていようとは!

層の厚さを感じさせる、美味しい鶏白湯ラーメン。主張しすぎない程度に効かせた魚介風味がバランス良く
纏まって、催事といえども十分過ぎるほどに美味しさを堪能できる出来栄え。機会があるなら、お店でもう
一度食べてみたいと思った次第です。

このスープに極太の平打ち麺が組み合わされます。麺の中には茶色い粒が見られ、コシとモッチリ感の両方が
楽しめるもの。トッピングは鶏もものぶつ切り、ネギ、そして丼を囲むように乗せられた穂先メンマが印象的。
炙った鶏肉はビジュアルの如く肉厚。噛みしめるほどに味が出てきて、旨さと共に香ばしさも自然と広がって
きます。もう大満足の一杯でしたね。(2014/11)



IMG_2287s.jpg



関連記事

category: 物産展  ラーメン

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret