Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

セアブラノ神 壬生本店@四条大宮 


IMG_4993s.jpg


クオリティは申し分無し



IMG_4966s.jpg


背脂味噌煮干肉そば(880円)


老舗店『ますたに』の進化系とも、ご当地麺・燕三条系ラーメンを強く意識したお店とも言われている
『セアブラノ神』。いかつい屋号に反して、お洒落なバーに迷いこんだような清潔感のある店構えです。

食券制。券売機を見ると「背脂煮干そば」「つけ麺」「まぜそば」の他に限定メニューもあってどれを
注文しようかと悩んでしまう…結局、今回食べてきたのは7月15日~16日の2日間限定、オープン
2周年を記念した特別メニュー

煮干しの風味十分のピリッと辛い味噌ラーメン。そこへ大量の背脂が加わり輪郭のはっきりした味わい
なのですが、スープを支える煮干しの主張も負けていません。屋号に冠するだけあって、やはり背脂は
主役級の旨さ。混ざり合うたびにいろんな表情を見せ、意外とスッキリした後口に感じるのもツボです。

麺がまた変わっています。「麺屋棣鄂」の手揉み縮れ麺は強烈なパンチ力のあるスープに負けておらず、
150gのモチモチした太縮れ麺がしっかり絡んできます。

トッピングは黒豚肉のスライス、黒バラ海苔、アレンジされた食べるラー油、ニンニクの芽、赤タマネギ、
青ネギ、三つ葉を使い、あたかもお祭り気分をそのまま具現化したような遊び心満載の内容です。

クオリティは申し分無し。食べていて楽しい反面、トッピングを含めると少々味わい賑やか過ぎる気も…
と思ってたら、翌日の営業からはセパレートでトッピングを提供した模様。このあたり、話題になるのが
よく分かる実力店だなぁという印象です。(2015/07)



IMG_4976s.jpg

背脂味噌煮干肉そば 




セアブラノ神 壬生本店

京都府京都市中京区壬生相合町25ー4 デイスターアベニュー1F
11:00~15:00 18:00~22:00
休み  無し
お店の詳しい場所


関連記事

category: 近畿地方 ラーメン

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret