Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

俺のラーメン あっぱれ屋@京都府 城陽市 


IMG_5877s.jpg


流石の完成度



IMG_5891s.jpg


濁とろ塩ラーメン(800円)


関西屈指の人気店『俺のラーメン あっぱれ屋』に行ってきました。駅からも離れており、アクセスは
決して良いとは言い難い立地なんですが、怯んでしまう程の凄まじい混雑っぷりです。近場だったら
改めてリベンジするところですが、せっかくここまで足を運んだのだから・・・と意を決して行列に
加わることに。ここからは例によって、実況リポ風にお届けします。

11:35
小雨がちらつく中、目的の『あっぱれ屋』に到着。広い駐車場に車を停め、店舗をぐるっと取り囲む
ような大行列の最後尾へ。店外には先客26人の27人目。

12:15
およそ40分が経過して店外行列の先頭へ。雨が降ったり止んだりと行列泣かせの空模様。おまけに
蒸し暑くて、さすがに参った・・・入口には1日20食限定の「スーパーつけめん」売り切れの看板が。
そして店内にも長い列が出来ています。。。

12:20
店内待ち、先客16人の17人目。座席はカウンター席のみ。併設されている製麺室には大和製作所の
製麺機。厨房ではご主人と奥様が手際良く切り盛り。あうんの呼吸というのか、2人でひっきりなしに
訪れる客を次から次へと捌いていきます。ご主人とたまたま目が合うと笑顔で微笑み、会釈。こちらも
つられて会釈。見事に別人だった・・・って可能性も否定できません(笑)。

12:50
同行者と共に、ようやく席へ。メニューはこちら。「濁とろ塩ラーメン」の大盛(並と同料金)を注文。
混雑のピークは過ぎたらしく、外の並びは到着時の半数程度(それでも他に比べると圧倒的ですが)。
提供する直前にハンドブレンダーでスープを泡立て、より濃厚感が伝わってくるカプチーノ仕立てに。
おーっ、この類のギミックは初めて見たかも!?

12:55
ラーメンが配膳。並んでからラーメンが運ばれてくるまで、約1時間20分経過。

以上。いやはや、開店時間にたった5分遅れただけなんですが、これだけ待ったのは久し振りですねぇ。

『あっぱれ屋』の流れを汲む暖簾分け店『あいつのラーメン かたぐるま』は先日訪れており、おおむね
想像通りの味わい。見た目は派手なのに豚骨出汁と魚介出汁、元ダレとのバランスが秀逸。定番香辛料と
現代のラーメンには欠かせない香味油を合体させた備え付けのコショウオイルが更に病み付きにさせます。

独創的なスープに負けないパスタチックな平打ち系の縮れ麺を合わせていて、この麺自体ももっちりした
歯応えの良さ。終盤は生姜の風味を活かした太メンマがアクセントになります。

流石の完成度でしたが、長い間待ち過ぎてお腹が結構空いたのも、更に美味しく感じた原因だと思います。
数量限定の「スーパーつけめん」狙いで再訪したいと思いながら、いろんな意味でハードルが高くて腰が
引けてしまいます(苦笑)。(2015/08)



IMG_5904s.jpg

濁とろ塩ラーメン  



IMG_5908ss.jpg




俺のラーメン あっぱれ屋

京都府城陽市奈島下小路11
11:30~14:30(※売り切れ次第 閉店)
休み 日曜・祝日・第4土曜(※臨時休業する場合も)
お店の詳しい場所


関連記事

category: 近畿地方 ラーメン

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret