Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

滋賀石山TOMOにぼ次朗@滋賀県 大津市 


IMG_5667s.jpg


上質なインスパイア



IMG_5684s.jpg


にぼ次朗(750円)


「まぼちゅ~」の愛称で知られ、滋賀・京都・大阪を中心に展開する『幻の中華そば 加藤屋』。
そのネクストブランド店として今年5月に独立し、JR石山駅から2~3分ほど歩いた場所に
オープンした『滋賀石山TOMOにぼ次朗』で夕食。

ラーメンは3種類あり、「煮干しラーメン」を基本に、「鰹風味ラーメン」「煮干し豚骨ラーメン」
というラインナップで、いわゆる野菜を盛った二郎インスパイア系。麺量100g~500gの間で
選ぶことができ、300gまでは同料金。券売機のメニュー表示がとてもユニーク。例を挙げるなら
煮干しラーメンの麺量200gは「にぼ次朗」、麺量400gは「にぼ四朗」、鰹風味ラーメンの
麺量300gは「鰹三朗」といった風に、選択肢の多いメニュー群で分かり易いひと工夫も。加えて
つけ麺や汁なし麺(油そば)も、それぞれ2種類ずつの味を揃えています。

この日は「にぼ次朗」を注文。無料トッピングの野菜増し、脂増し、タレ増しの有無は提供直前に
尋ねられますが、全て基本でお願いしました。

背脂片を浮かせた煮干し風味のラーメン。やや固めに茹でられ、断面が四角に角ばった太めの平打ち
麺を合わせています。ツルツルした食感は本家と大きく異なる部分でしょうか。もやしやキャベツと
いった野菜類の盛りっぷりは常識レベルの範疇。それよりもスナックみたいな食感の煮干しが極めて
目立っていますね。豚は甘めの味付けで柔らかく煮込まれています。

スープは一口目からガツンと舌の先から胃袋まで響いてくる感じ。煮干しと化調がはっきり立った、
明快な味に仕上がっています。ちょっと珍しいのが、煮干しの香りを活かすためにニンニクが入って
無いこと。見た目は二郎チックだけれども、二郎っぽさと煮干系ラーメンを所々に取り入れて、また
違ったジャンク感に仕上げているのが面白いです。上質なインスパイア系というか、インスパイアに
近いオリジナルって言い回しの方がしっくりくるかも。(2015/08)



IMG_5689s.jpg

にぼ次朗




幻の中華そば 加藤屋 滋賀石山TOMOにぼ次朗

滋賀県大津市粟津町11ー12
11:30~15:00 18:00~22:00
休み  日曜
お店の詳しい場所


関連記事

category: 近畿地方 ラーメン

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret