Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

麺や 七彩 八丁堀店@八丁堀 


IMG_9273s.jpg


多彩な麺の食感



IMG_9249ss_20161024125243b5e.jpg


喜多方らーめん(醤油・820円)


2015年7月に「東京ラーメンストリート」を卒業し、オフィスビルが立ち並ぶ八丁堀界隈に移転。
出汁パック入りのお取り寄せラーメンが話題となり、実店舗では注文を受けた後に粉から麺を打つと
いうから、何から何まで型破りのお店。

基本メニューは「喜多方ラーメン(煮干)」「喜多方ラーメン(醤油)」という2種類。今回は醤油を
チョイス。ちょうど満席だったのでカウンター席の後ろに並びます。そこから視界に入るのは、黙々と
ひたすら麺を打つ藤井店主の姿。何度も薄く伸ばしながら、トントンと手際よく麺を切る音が響き渡る
店内。眺めているだけで待ち時間があっという間に過ぎていきます。ちなみに麺量を小盛・中盛・大盛
から選択することができ、中盛でお願いしました。

ピロピロと縮れたふぞろいの中太麺を使った無化調醤油ラーメン。麺の熟成具合が若干不安でしたが、
口の中に入れれば全くの杞憂。多彩な麺の食感が楽しくて、気付けば完食。いやぁ、予想の斜め上を
行ってる感じがして、こんな事なら大盛でお願いしとけば良かったかな。

澄んだ清湯スープがまた絶品。鶏のふくよかな旨味に溢れるベーススープと、すっきりキレがあって
円やかなカエシの組み合わせ。通販で食べたものと比べると、そこまでニボった感じではありません。
どちらかといえば、結構シンプルで沁みる感じの味わい。でもまぁ、そもそも通販用は煮干しの味を
全面に出したスープなので、一概には比較できませんが。チャーシューはバラ肉とロース肉の2種類。
柔らかさと歯応えを双方楽しめます。

喜多方ラーメンの経験が乏しいので、この姿がご当地ラーメンの完全再現なのか?判断しかねますが、
動物系と魚介系がバランスよく香り、少なくとも強く印象に残る一杯でした。(2016/10)



IMG_9259s_201610241252454a0.jpg

喜多方らーめん(醤油) 




麺や 七彩 八丁堀店

東京都中央区八丁堀2ー13ー2
11:00~15:30(L.O)
17:30~22:30(L.O)
11:00~21:00(土曜・日曜・祝日)
休み 第三火曜
お店の詳しい場所


関連記事

category: 関東地方 ラーメン

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret