Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

ラーメン 杉田家@新杉田 


IMG_9302s.jpg


家系発祥の地で花開くDNA



IMG_9275ss_2016120713130361b.jpg


ラーメン(並)+味付玉子(670円+80円)


横浜家系ラーメンの総本山といえば『吉村家』。その直系1号店となる『杉田家』へ。家系のルーツと
される『吉村家』は横浜市磯子区(※現在の『杉田家』がある道路を挟んだ向かい側)に実店舗を元々
構えていましたが、『杉田家』の開業と併せるようにJR横浜駅の西口へ移転しました。

新杉田時代の『吉村家』と同じく、早朝5時から営業開始。京浜東北線の始発に乗り込み、朝6時過ぎの
到着でお店の前には先客12人…油断していたらこんな事に。先に食券を購入してから列の後ろに加わる
システムとなっており、「ラーメン」と「味付玉子」の食券を買って並びます。

待っている間に雨がパラついてきて、「壁際だったら濡れないですよ」と誘導するのはご主人の津村さん。
確かミレニアムの頃だったかな?吉村家での厳しい修行を乗り越え『杉田家』の開業までの過程を追った
密着番組を見ていた事もあり、実際にお会いして感激しましたよ。番組自体は現在なら規制が入りそう位、
ガチ過ぎる内容で破天荒と言えば「崇」では無く、今も昔も「実」という認識です(苦笑)。回転は早く、
20分待ってから入店。プラスチックの食券をカウンターに置きます。家系といえば麺の固さや味の濃さ、
油の量を調整可能ですが、今回は全て「普通」で作ってもらいました。

吉村家をきっちり継承した作り方かと思いきや、別の鍋で温めた鶏油をスープに合わせて提供する辺りは
まるで最先端のラーメン店を訪れたかのよう。ちょっと嬉しい誤算といった感じです。醤油が少し濃くて、
コクのある味わい。そこへ絶妙なバランスで鶏油も効いており、朝っぱらから夢中にさせてくれます。

麺は酒井製麺の太ストレート麺で家系らしく麺線は短目。モチッとした食感に茹で上げています。

ホウレン草にチャーシュー、そして大判の海苔は家系ラーメンの定番トッピング。特にチャーシューは
現在では珍しい焼豚を使ったもの。独特のスモークした香ばしさがアクセントになります。味付玉子は
追加トッピング。醤油がスッキリ立ったスープなので「ライス」も一緒に頼むべきだったと後悔。

まぁ何はともあれ、久々の家系でしたが、1時間かけて行った甲斐がありました。大満足でお店を後に。(2016/10)



IMG_9294s.jpg

ラーメン(並)+味付玉子 




ラーメン 杉田家

神奈川県横浜市磯子区新杉田町3ー5
5:00~25:00
休み 日曜
お店の詳しい場所


関連記事

category: 関東地方 ラーメン

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret