Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

手打ち中華そば 山@山口県 山口市 


IMG_2770s.jpg


今度は山だ!かつてない、高みへ



IMG_2776s.jpg


手打ちつけ麺(並・700円)


ヤアヤアヤア、あの山根さんが山口に帰ってきた!神戸オークラ山時代も博多の番頭はん時代も
未訪とあって、頂くのは実に3年ぶりです。お店の場所は昔からのノース・ヤマグチの住人なら
御存知だとは思いますが、喫茶すぬーぴー跡と言ったら分かりやすいかも。カウンター7席のみ。
蒸し暑い屋外から店内に入ると、フル稼働の冷房が出迎えてくれます。食べ手の気持ちをよーく
理解しているご主人ならではの配慮でしょう。

オペレーションの再構築及び「つけ麺」に特化した麺が出来上がった関係上、メニューも刷新。
「手打ちつけ麺」を軸に、前代未聞!?の「手打ち中華そば」が裏メニュー扱い。しかしながら、
つけ麺で満足させるにはあれやこれやと手間が掛かる訳ですが、それでもやる。基本メニューは
絞りながらも、安直な妥協はしたくないとの想いがひしひし伝わってきます。勿論、器の中にも
それが如実に表れていて……。

思いの外、当たりが強い!!濃口にモデルチェンジした醤油ダレが重厚。しかも出汁感があって、
その上で絶妙に酸味がキリッ。キッレキレ。かつてのラストサムライを彷彿とさせる……というか、
啜った瞬間から懐かしさも相まって悶絶してしまいました。あぁ、この醤油つけ汁は旨いよぅ……。
うんうん、やっぱり吉備産の地鶏で正解。

つけ汁に乗せられたバラ肉が脂トロットロで旨い。そしてつけ汁の旨味を押し上げている印象。
麺に添えられたチャーシューもいい感じで燻製されており、ホロっと旨い。これだけ肉々しく
てもサクッと頂けます。

基本の麺は2玉分で啜っても啜ってもなかなか減らない結構な量。これなら近くにある県立大の
学生さんも納得でしょう。全粒粉を配合した中太縮れ麺で、弾力がありムチッと跳ね返すコシの
強さはまさにつけ麺向き。その旨さは言わずもがな。いやぁ、もう大満足でお店を後に。

さすがにこの記事を書いている9月4日現在は、ブラッシュアップされた「手打ち中華そば」が
グランドメニューに昇格しているはず。昔から研究熱心だったご主人の事、落ち着いたらきっと
色々仕掛けてくるに違いない。(2017/08)



IMG_2783s.jpg

IMG_2794s.jpg

手打ちつけ麺(並) 




手打ち中華そば 山

山口県山口市平野1ー3ー14
11:00~15:00
休み 火曜
お店の詳しい場所


※店舗情報は更新時のデータになっています。ご自身で確認の上、お出掛け下さい。

関連記事

category: 山口中部 ラーメン

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret