fc2ブログ
Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

柴崎亭@つつじヶ丘 

20191013084901ca7.jpg


もはや芸術品


20191013084937dca.jpg


鴨中華そば(650円)


京王線のつつじヶ丘駅から歩いて直ぐの場所にある新鋭店。お店に到着したのは正午前。ちょうど
満席で店頭のベンチに一人座っていたら、あれよあれよと20人弱の行列待ちに。やはりかなりの
人気店なんですねぇ。もう少し遅れていたら……危ない危ない。

ベンチで待っていると、オーダー分を作り終えて外に出てこられたご主人に話しかけられました。
ところでこちらのご主人、エアギター世界選手権を制して一世を風靡した某芸人さんにどことなく
似た感じ。ちょっと個性の強そうな御方です。

ご主人「限定食べてみる?」
ムギ 「えっ?!」
ご主人「限定の「鯛ハマー」、めちゃくちゃ美味しいよ!」
ムギ 「食べてみたいけど、今回は鴨中華そばに決めています。」
ご主人「鴨中華そば?最近かなり出ているけど……何でだろうね?」

……
………「く、黒柳さーーーんッッッ!!」って、思わず言いたくなりましたよ(爆)。ツイッターでは
存じ上げていたものの、食べる前からキャラクターに圧倒されてしまいましたね。掴みどころのない
トコロは天才肌の予感がプンプンします。

そんなやり取りから15分後、カウンター越しに差し出された「鴨中華そば」。綺麗に折り畳まれた
麺が美しい!もはや芸術品といいますか……このビジュアルを目の当たりにして、その状況下で味わう
一杯は、他とは感じ方が明らかに異なります。

節系の上品な風味と醤油のキレが共存する淡麗スープ。なるほど、化学調味料無添加なのね。麺を
啜りあげると、じんわりと鴨の香り。かつていただいた笠岡『みやま』の味を何故か想起させます。
はて、あちらは動物系不使用だった記憶が……?

麺はパッツンとした極細のストレートタイプ。和そばのような雰囲気の絶妙な歯ごたえでこちらも
旨いなぁ。厚みのあるチャーシュー、メンマ、青ネギ。いずれもレベルが高いです。

基本の「中華そば」を始め、麺類のメニューは他店より良心的な価格が特徴。次はいつ来られるか
全然判りませんが、山椒ラーメンの元祖とも呼ばれる「山椒の塩そば」をいただいてみたいですね。
(2019/10)



20191013084937c25.jpg

鴨中華そば 



2019101308490503d.jpg




柴崎亭 つつじヶ丘本店

東京都調布市西つつじヶ丘3-25-52
11:00~14:00 18:00~23:30(平日)
11:00~21:30(土曜・日曜・祝日)
休み 無し
お店の詳しい場所


※店舗情報は実食時のデータになっています。ご自身で確認の上、お出掛け下さい。

関連記事
スポンサーサイト



category: 東京都  ラーメン

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret