fc2ブログ
Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

気むずかし家@ラーメンスタジアム2(※卒業) 


kimu soto_edited

バラエティに富んだ、充実したメニューの数々


kimu ra-_edited

きむ二郎(800円)


かずやんさんばくさんびっちゅさんとの福岡遠征 その4

一龍』の後は北上し、再び福岡市内へ。ちょっと観光がてら、饂飩・蕎麦発祥の
碑がある承天寺に立ち寄ったりと徒歩であちこちうろつき回った。8月の炎天下の下、
流石に疲れ果ててしまい、カフェで小休憩をとることに。ここのレモンとミント
フレーバーの効いた水が美味しく、ガブガブ飲んでるところで急激に満腹感が…。
あいたたた、急遽予定を変更して、ラーメンスタジアム2へ行くこととなった(^_^;)

ここでは以前、マイミクのたけさんに紹介した『気むずかし家』を訪問。かずやん
さんはデフォの鶏白湯ラーメンを、そして男子メンバーはきむ二郎を3人でシェアする
ことに。まず先に鶏白湯ラーメンが運ばれてきたが、乳化の進んだスープには鶏油が
しっかり効いていて、甘く、そして円やかな口当たり。何となく横浜家系ラーメンを
上品に完成させた感じ?平打ち形状の麺はかなり個性的で面白く、ツルツルした喉越し
が楽しめる。鶏の一本調子な味わいは徐々に飽きが生じる雰囲気ではあるものの、
量が少なめなので連食向きの一杯といえそう。

数分後に運ばれてきたきむ二郎は…やはりというのか、ジロー風なルックス(^_^;)
二郎目黒店の経験のみで語るならば、内容量は目黒店のラーメン小と比較すると
およそ3/4といったところ。豚脂の塊が浮いているようなワイルドさは皆無、そして
醤油と大蒜、動物性エキスが主体のスープはバランス良く纏まってて旨い。ストレート
タイプの太麺もゴワッと感は弱く、主張は控え目。気難しさは無いらしく、食べ易いと
いうのが率直な感想で二郎初心者にはうってつけの一杯ではないだろうか?

『初代だるま』と『白樺山荘』は席がほぼ埋まった状態だったが、『気むずかし家』
は先客ゼロ。ラーメンコンプレックスの中でも完成度は高い部類だと思うのだが…。
平日とはいえ、この寂しげな光景はちょっと切なかった。


kimu ra-2_edited

kimu men_edited

きむ二郎



福岡県福岡市博多区住吉1丁目2番
キャナルシティ博多・アミューズメントビル5F ラーメンスタジアム2
11:00~23:00 (22;30オーダーストップ)
休み なし
お店の詳しい場所


 
関連記事
スポンサーサイト



category: 福岡県  ラーメン

thread: ラーメン  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret