Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

らーめん もりかわ(2回目)@広島市 南区 


morika2soto_edited.jpg

広島ならではの”oyster stock”


morika2ra-3_edited.jpg

かき塩らーめん(850円)

この日はかずやん☆ブログの管理人、かずやんさん御一家とギザウマスな
広島麺ツアー第2弾を決行した。以前から計画していたものの、ナンダカンダで
時期がずれ込んでしまった。先ずはかずやんさんの宿題店である『もりかわ』へ。

約3ヶ月ぶりの訪問となるが、薬味としてテーブルに置かれているはずの白玉葱・
赤辛子玉葱が見当たらない。会計時に尋ねると現在は取り扱ってないとのこと。
後半に投入して変化したスープを味わうのも一興だったのだが…、まぁ仕方ない。

今回注文したのは『もりかわ』オリジナルのかき塩らーめん。通常メニューのスープに
比べると白濁の色合いが強く、その味を一言で表現するなら「牡蠣」。まんまか(笑)。
でも旨味とコクがじわっと口に広がり、最後まで後を引くミルキーな味は1秒でガツン
とくる『ふじもと』独特の構成とは異なる点。生臭さも気にならず、牡蠣の風味を充分
生かした一杯に仕上がっている。完全なる色物かと思いきや、人気メニューと思しき
”さんまだし”とか”えびだし”に対抗できるぐらいの完成度の高さに感じられた。
この手の”ふじもと”もアリだと思う。ただ正月を機に終了との事で、実に勿体無い。

ところで『もりかわ』公式HPに英語サイトがオープンしているのをご存知だろうか。
店舗HPは数あれど、このような試みは非常に珍しく、mackerel pike(さんま)、
scallop(ほたて)、shrimp(えび)、tuna(まぐろ)、shellfish(あさり)といった具合で
カオスな国際色豊かな雰囲気を醸し出している。これを見た異国の人々がどういう
解釈をするのか気になるところだが、替玉を”A second helping of noodle”と
英訳すると何てカッコいいんだろう。こういうのは嫌いじゃない。むしろ好きだ。


morika2men_edited.jpg

かき塩らーめん 



morika2soto2_edited.jpg



広島県広島市南区大州4丁目11-30
11:00 ~ 14:00 17:00 ~ 21:00(L.O 20:30)
休み 木曜
お店の詳しい場所


関連記事

category: 広島県  ラーメン

thread: 食べ歩き!  -  janre: グルメ

CM: 4 TB: --   

コメント

その節は、お世話になりましたm(_ _)m

かき塩は、ホントにギザウマスでしたね。
私も、かき塩にすればよかったとちょっと後悔しました。
正月を機に終了とは、何とももったいない話です(>_<)

かずやん #JalddpaA | URL | 2008/12/25 08:10 - edit

私も「牡蠣」シリーズは、3種類とも実食させていただきました。
いずれも秀逸な作品だったと思います。
あそこの店主、普段はむしろ口数が少ないのですが、
ある時、あちらからあれこれ聞いてこられました。
その概要からすると、次は味噌ラーメンを考えているとか。
自分としては、参考になるような答えは出せなかったのですが…
ただ味噌ラーメンは、出汁の加減を封殺してしまう恐れがあり、
画一的で単調になりやすいので、"ふじ☆もと"テイストを活かした味噌ラーメンを
作ってほしいとだけ言っておきました。
今後にますます期待ですね。
今回の「牡蠣」に関してですが、おそらく牡蠣をフードプロセッサーでペーストにしたものをあわせたのではないかと。
もうこれだけでも、次が展開できそうな気がしますが。

愛知人@広島在住 #3fP8K/.I | URL | 2008/12/25 20:00 - edit

かずやんさんへ

こちらこそお世話になりましたm(__)m

>かき塩
大当たりな一杯でしたね~。意外や意外というのか
過度に期待しない方が良い結果を生む気がします^^
かきダシの定番メニュー化を切に望みます(> <)


ムギバヤ #FhoXIh.. | URL | 2008/12/25 20:19 - edit

愛知人@広島在住さんへ

牡蠣メニューは『もりかわ』ならではの、
さらには広島ならではのラーメンだと思います。

定番化を切に願います。折角の幟が勿体無いです。


ムギバヤ #FhoXIh.. | URL | 2008/12/25 20:24 - edit

コメントの投稿

Secret