Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

西洋酒場 山形屋(15回目)@山口県 山口市 

yamagata43soto_edited.jpg


勝手に蔵出しシリーズ


yamagata730ra-_edited.jpg


博多風豚骨ラーメン(販売終了・550円)


少し前に山形屋@湯田温泉で食べた限定ラーメンの話。溜まった分を一挙に大放出します。

臭みのない、インパクト十分の濃厚豚骨ラーメン。甘さの中に、ほんの少しだけ一味を効かせて
全体をピシッと締めています。今回のスープ、店主の山田さんが大勝@門司で食べたラーメンを
ちょいと意識して完成させたものだとか。う~ん、未食なので分かりません……(苦笑)。
要するにドロリとした濃い~~~ぃ豚骨ラーメンなんでしょうね、きっと。



yamagata730men_edited.jpg

博多風豚骨ラーメン  








yamagata620ra-2_edited.jpg


Wスープラーメン(販売終了・600円)


こちらの限定ラーメンは、豚骨スープと魚介系スープを7:3の割合でブレンドしたもの。
煮干と鰹もかなり効いていますが、濁りのあるスープは結構ブタブタしていて、見た目より
力強い印象です。麺は細扁平麺で、博多風豚骨ラーメンと同じ仕様。ザクザクプツッとした
食感が面白いです。

トッピングは豚骨ラーメン用のきくらげだったり、レギュラーメニューの「鶏ガラあっさり
煮干しラーメン」に使われるカイワレや白髪ねぎが乗ってたりと、こんなとこにもW効果が。
僕は侍@仁保で耐性を鍛えているので大丈夫なんですが、カイワレの風味が気になるのも確か。
中には苦手に感じる人がいるかもしれませんね。



yamagata620men_edited.jpg

Wスープラーメン  








yamagata717ra-5_edited.jpg


とりそば(販売終了・550円)


限定で登場した鶏白湯ラーメン。数種類の鶏の骨をしっかり白濁するまで煮込んだスープは、
クリーミーで甘く、口当たりも柔らかい。初めはさほど鶏の風味はしないのですが、麺を
くぐらせて食べていると鶏の味が前に出てくる……と思っていたら、鶏~~~という感じに
変わってきてサプライズ!!美味~~~い、美味過ぎる。これは贅沢なスープですね~。

この限定麺の為に、わざわざ取り寄せたという慶史製の平打ち麺は「博多元勲」と同じもの。
弾力が良く、何より粘性の高いスープに絡んで美味しいです。

トッピングは大葉、刻みタマネギ、白髪ねぎ。以前は鶏チャーシュウも具に乗ってましたが、
修業先の「一幸舎」と同じ肩ロース肉に。スープが甘いので、大葉とタマネギがアクセントに
最適です。元ダレにも意図的に酸味を配合して、飽きがきやすい部分を最大限補ってます。

もう大・大・大満足なイベントラーメンでした。定期的に出して欲しいと思います。



yamagata717men3_edited.jpg

とりそば  








yamagata721tuke2_edited.jpg


スパイスつけ麺(販売終了・700円)


従来の魚介豚骨つけ汁をベースに完成したカレー風味のつけ麺。ガラムマサラで味を調整して
夏向けにアレンジしたつけ汁にはチーズも溶け込んでいますが、あくまでも補助的な役割です。

ベーススープは同じなれど、普段食べ慣れた山形屋の濃厚つけ麺と180度違って感じるのが
不思議。こういう暑い日には、この手の辛いものを食べて渇~!!といきたいところですが、
良くも悪くも普通の辛さ。もうちょっと刺激があってもよさそうな気がしました。



yamagata721tuke4_edited.jpg

スパイスつけ麺







山口県山口市湯田温泉1丁目1-40 扇ビルB1
11:30~15:00 18:00~24:00
(※ラーメンメニューは昼のみ提供・売り切れ次第閉店)
休み 月曜
TEL 083-923-9111
お店の詳しい場所


関連記事

category: 山口中部 ラーメン

thread: 山口県  -  janre: 地域情報

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret