Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

今年を振り返って 2010年 


stamp1.jpg



毎度のことながら、今年印象に残ったお店をピックアップしてみます。

その前に、夏に開催されたラーメンイベント『山口拉麺維新 ラーメン5(ファイブ)』はやはり
外せません。のぉくれ@柳井まつかぜ@光博多@防府侍@仁保山形屋@湯田温泉という
山口の新鋭店の店主が集い、企画されたラーメンの食べ歩きスタンプラリー。参加店はイベント
限定メニューをリリースしたりと、作り手の熱意に加えて、創意工夫も凄いものがありましたが
どれも印象深く美味しかったです。5人の志士が山口の夏を熱く盛り上げましたねぇ。

さて、前書きが長くなっちゃいましたが、印象に残るラーメン店に限定し、カテゴリーを分けて
絞るとこういう感じになります。(※非正規メニュー、県外で食べた麺は除外しました。)






豚骨

yamagata19ra-4_edited.jpg



年明けすぐの1/9(土)に食べた山形屋@湯田温泉の「博多風豚骨ラーメン(画像)」は
もう濃すぎて美味すぎて、食べ終えた直後はしばらく動けなくなってしまったほど。
しかしこの日を境に方向性が変わってしまったのか、同じ味にはなかなか巡りあえず……
あのメガドン級の破壊力だった、超濃厚ヘビーラーメンをもう一度。

まつかぜ@光の限定麺「濃口魚介ラーメン」。魚のアラを使ったW豚骨スープ、略して
”あらとん”は新しい視野が広がるネオ豚骨ラーメン。

熱血テレビの月イチコーナー「麺☆パラ」でも特集された下関のラーメンは、むかーしむかし
宇部ラーメンをベースにゴマ油を加えてみたのが起源だという。人気店の楽や楽’(らくてん)、
最古参の一龍軒はその代表格。一方、老舗の山の田ラーメン(未アップ)では、ゴマ油に頼らない
濃い目の醤油豚骨ラーメンが味わえます。ご当地麺といっても、いろんな系統のラーメンがあり、
それを食べ巡るのがまた面白い訳です。




醤油

tachi6ra-3_edited.jpg



たちばなや食堂@周防大島の「中華そば(画像)」。午前中に味わった、澄んだイリコ
スープはまさに山口の至宝というべき味。細かな説明はもはや不要でしょう。

山形屋@湯田温泉の限定麺「とりそば」は、大阪の人気店「弥七」に影響を受けて
完成した鶏白湯ラーメン。ガツンとくる濃厚な鶏の風味を鰹出汁や野菜の味が支え、
かなり太っとい仕上がりに。とかく限定の豚骨ラーメンがクローズアップされるお店
ですけど、これはこれで一つの完成形だと思います。

まつかぜ@光の「らーめん(醤油)」は引き算的な味に思えて、その構成はかなり複雑。
屋号を変更した直後に食べた醤油ラーメンも麺・スープ・トッピングに統一感があって
本当に美味しかった。度重なるマイナーチェンジを楽しみにしている人も多いと思います。






matsukazra-_edited.jpg



塩ラーメン不毛地帯の山口県、このカテゴリーはまつかぜ@光の「らーめん(塩)」ぐらい
しか思い浮かびません。今は無き『麺屋アジト』を連想させる立体的な味は脱帽の一杯。
中国地方では群を抜く存在感。

宇部新川にある居酒屋『べにや』は、今春から塩ラーメンの提供を開始。三河屋製麺の
麺を採用し、明らかに関東を意識した一杯だったものの、突如麺メニューの提供休止。
「一久」に代表される、醤油豚骨味のラーメンが広く浸透し、独自の麺文化が根付いた
この地域では、異色の存在感を放っていただけに何とも残念です。




つけ麺・冷たい麺・辛い麺

shugetsuh3tuke_edited.jpg



平生町にオープンした周月の「もりそば(写真)」は、弾力があって美味しい自家製太麺と
鶏×魚介醤油味のつけ汁の組み合わせ。濃厚動物系のつけ汁に比べると、インパクトは
劣りますが、これが飽きない仕上がりで山口県人の好みにも合うと思います。

侍@仁保の「つけめん新味」、定期的に変化する手打ち麺とつけ汁の美味しさにうっとり。
もし再び支店を出すとしたら、つけ麺&和え麺専門店でゼヒ……と密かに願ってます。

山形屋@湯田温泉の「冷や麺JAPAN」はラーメンイベント「山口拉麺維新」の期間中に
登場した限定麺。その名の通り、真夏にピッタリの冷メニュー。冷やしラーメンでこんなに
旨味が乗ったスープを味わったのは初めて。

随園@新山口の「搾菜肉糸湯麺(未アップ)」。炒めた豚肉とザーサイが乗った中華そばは、
まず美味いがベースにあり、絶妙な酸味、そして中毒性のある辛さがマッチングした一杯。
遠方からでも、一度は食べておく価値があると思います。



こう振り返ってみると、全体的に豚骨系メニューの当たり年でした。9月にリニューアルした
廣華楼@下松(未アップ)の濃厚豚骨ラーメン、何分たっても伸びない低加水麺が注目を浴びた
ラーメン大将@櫛ヶ浜あたりは、麺友さんの間でも盛り上がりましたね。

そんな中で個人的に思い出深いお店は博多@防府。実直で誠実な豚骨ラーメンは新店とは思えない
安定感で、一度味わえば病み付きになること請け合い。今年の最終営業日に寄ってみると、駐車場
は一杯。中には諦めて立ち去る車も。

6月頃まではいつ行っても閑散としていて、一体どうなることやら…と不安に感じていたのですが
リピーターを獲得すれば、分かりにくい立地にあっても繁盛するというモデルケースでしょう。


最後に弊ブログですが、個人的にいろいろバタバタ、ドタバタがあり、今後も不定期更新が続くと
思います。休み癖もここまでくると……な感じですけど、ログインしやすい「ツイッター」の方は
リアルタイムで更新出来る点が良いですね。かなり便利なツールです。こちらは頻繁に更新する
つもりですので、ブログ共々、宜しくお願い致します。




関連記事

category: 頬楽舌踊

thread: 山口県  -  janre: 地域情報

CM: 2 TB: --   

コメント

おっしゃるとおり『山口拉麺維新 ラーメン5(ファイブ)』は凄かったですね…(笑)!
おかげでムギバヤさんを始めとした山口県内のラーメンを愛するみなさんとお会いできましたし。
特に、ムギバヤさんには同郷のよしみとして非常に親近感を勝手に(笑)感じております。
オスカルさんに灯を点けてのもムギバヤさんとお伺いしておりますし…(笑)。
またお伺いさせていただきます!

石原 博之 #- | URL | 2011/01/03 06:13 - edit

石原 博之さんへ

夏のラーメンイベント、盛り上がりましたねぇ。
スタンプラリーの全店制覇も何とか達成できて
良かったです(汗)

>オスカルさんに灯を点けてのもムギバヤさんとお伺いしておりますし…(笑)。

またまたご冗談を~。

ムギバヤ #FhoXIh.. | URL | 2011/01/03 13:55 - edit

コメントの投稿

Secret