Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

百鶏拉麺@北九州市 門司区(※閉店) 


paitysoto2.jpg


関門海峡新店旅情



4月分。ばくさんネコさんとの食べ歩き。

関門トンネルを抜けて九州入り。2軒目にチョイスしたのは、4/12にオープンした
ばかりの百鶏拉麺(パイチーラーメン)@門司。

ばくさんの話によると、ふぐ問屋を営む「あたか」が新規事業の一環としてラーメン店を
立ち上げたとのこと。既にばくネコさんのブログでも紹介されているように、メニューは
鶏をふんだんに使ったラーメンが軸。この地域では珍しい鶏白湯(※小倉の麺8-34や
四方平くらいしか思いつきません。)で挑むのは注目を集めるとともに、博打的な要素を
孕んでいる、と思います。



paitymania_edited.jpg


券売機で食券を購入。何気なく手にした食券を見てビックリ。限定や特別といった
言葉を乱発して、挑戦心を煽ってくるようなメニューは数々経験してきましたが、
遂にココまで来たかといった感じ(笑)。

1階はカウンター席のみ、2階にテーブル席が設置されており、殆どのお客さんは
食券を買って2階へ誘導されるシステムです。

内観は白を基調としたモダンなコーディネイト。当然、設備什器や備品も清々しいほど
ピカピカです。そして「ガッガッガッ」と店内に響き渡るほどの大きな音を発しながら
2階へ料理を運ぶエレベーターは渋谷道玄坂の名店「喜楽」、先日立ち寄ったばかりの
さんわ@伯方島でお目にかかった程度でなかなか見る機会はないですね。



paityra-2.jpg


ラーメン+マニア向けこってりスープ(600円)


まろやかで甘い濃厚スープはゼラチン質豊かなもの。見た目も綺麗です。そこへ意表を
突く極細麺。


paitymen2.jpg


鶏白湯スープ特有の匂いが丼に充満しており、人によっては鶏臭いと感じてしまう
ギリギリ手前かも……んで、この系統のラーメンといえば、一本調子でどうしても
飽きやすくなる傾向が強いのですが、そこは薬味の柚子胡椒を加えて解決です。

サイドメニューには「スープ茶漬け」もあり、残ったスープを活用できる仕組み。

ばくさんが注文した基本のラーメンと食べ比べてみましたが、個性を求めるのなら、
迷わず「こってり」を選択した方が良さそうです。券売機のボタンにあった担々麺も
気になりますね。観光スポットからも近く、これから門司の新名物となるかどうか、
注目されるところです。



paitymen.jpg

ラーメン+マニア向けこってりスープ







福岡県北九州市門司区港町3-7
11:30~夕刻
休み 月曜
お店の詳しい場所


関連記事

category: 福岡県  ラーメン

CM: 2 TB: --   

コメント

鶏白湯 (^^)

豚骨では新しい風を起こせないと踏まれたのか?
近辺では貴重かつ稀有なラーメンが登場しました♪

今からチャリの季節になるので
チョコチョコ顔を出してみようと思います(^^)

でないと、顔忘れられそうですからね~~~(爆)

ばく #zebrr4MM | URL | 2011/05/09 23:00 - edit

ばくさんへ

この地域で受け入れられるのかどうか
今後の展開が気になりますね。

ばくさん、週一で行かなきゃ(笑)

ムギバヤ #FhoXIh.. | URL | 2011/05/09 23:41 - edit

コメントの投稿

Secret