Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

らーめん 一丁亭 周東店(3回目)@山口県 岩国市 


IMG_2978_edited.jpg


方向性を一大転換




IMG_2970_edited.jpg



「今、一番好きな山口のラーメン店はどこ?」と訊かれたら、もう迷わず答えるのが
柳井の『のぉくれ』、そして岩国に2店舗を展開するラーメン店『一丁亭』。

「えっ、一丁亭って……ムギバヤさん、そこらのチェーン店でしょう~~~!?」

いつも同じラーメンが味わえるという面白味の無さ、店名や外観で敬遠されがちですが、
これがトンデモナイ話。其処にしか無い、唯一無二のお店であることを。。。

元々は隣県の某FC運営会社と業務提携していたらしいが、その関係を断ち切るように
今年の春から完全リニューアル。本当は屋号や看板も一新して再出発したかったけれど、
運営費の捻出上、泣く泣く断念したという話。

まるで過去を払拭するように、広い店内には「自家製麺」「化学調味料不使用」を謳った
目新しいPOPが目に留まるものの、拘り・薀蓄と味は必ずしも比例しないと思うので、
この手のキャッチコピーは賛否両論を生み出す要素満載。が、素材の味だけで勝負する
ラーメンを前面に出すなんて、まだまだ閉鎖的な山口ではかなりの勇気の要る話です。



IMG_3702_edited.jpg


一丁らーめん(600円)


泡立つスープは元ダレに魚介エキスを仕込んだもの。もっと優しい味を想像していたが、
一般的な獣系スープにも肉薄するようなコクが味わえます。昔の和歌山ラーメンの面影は
何処へやらといった感じ。近い系統の一杯を挙げるなら、例えば無化調豚骨の先駆者である
小倉の「無法松」、今は無き広島の「あ味」あたりに通じる部分があるように思います。

その反面、後味がややぼんやりしてるというか、某ビールのCMじゃないけれど、「コクが
あるのにキレがある」という段階まで辿り着けば申し分無しか。そうすると、前述の名店の
味に魅了された人々の大喜びする姿が目に浮かぶ。。。

自家製のストレート細麺は伸びにくいのが特徴。トッピングはチャーシュー、もやし、青ネギ。
幅広チャーシューは噛み応えを堪能できると思ったら、意外にも柔らかく食べやすい印象です。

4回目の訪問となったこの日、店長と初対面。実に気さくな方で、会話からもラーメンからも
姿勢が伝わってくるし、味の終着駅はまだ先にあるようです。山口でも徐々に浸透してきた、
いわゆる「ご当人ラーメン」の風格は十分。

また、期間限定のメニューにも意欲的に取り組んでいるそうで、 こちらも要チェックです。



IMG_3706_edited.jpg

IMG_3715_edited.jpg

一丁らーめん







山口県岩国市周東町下久原1728-1
11:00~15:00 17:00~22:00
休み 不定休
お店の詳しい場所


関連記事

category: 山口東部 ラーメン

thread: 山口県  -  janre: 地域情報

CM: 2 TB: --   

コメント

台風の目

台風の目になり得るラーメン店かも知れませんね!
このスープのタイプは県内東部~中央部ではここだけかもね。
楽しみなお店ですね!

クー太郎 #U1R92.aU | URL | 2011/10/21 17:17 - edit

クー太郎さんへ

お疲れ様です。

確かに!!無化調豚骨のパイオニア的存在になる
予感がしますね~。一層ブラッシュアップされた
ラーメンが出てくると思うと楽しみでなりません。

PS 替玉ゴチになりました。有難うございました!!

ムギバヤ #FhoXIh.. | URL | 2011/10/21 20:22 - edit

コメントの投稿

Secret