Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

蕎麦きり 吟@広島市 南区 


IMG_40767_edited.jpg


充実のラインナップ、どれも良し




IMG_4024_edited.jpg



さて、この日は広島入り。上品なランチを食べたいと思い、広島の食べ手による評価も上々、
ブログやSNS上でも話題になっている段原の『蕎麦きり吟』にやって来ました。

近くのコインパーキングに停め、狭い路地をてくてく歩いていると発見。住宅街の片隅に、
「あらっ、こんなに洒落たお店がありますよ」って雰囲気の佇まい。駐車スペースもある
じゃないの。店内は和を基調とした贅沢な空間使い。それでいて、BGMとしてジャズが
かかっており、モダンな感じです。愛想の良い、若いご夫婦?が切り盛りされているご様子。



IMG_4039_edited.jpg

IMG_4044_edited.jpg



まずは、セットで注文した穴子天が登場。ホックホクの白身にサックサクの衣。天ツユも
一緒に付いてきますが、単独で食べても十分美味しい。ん~~~、このパフォーマンスで
プラス350円という価格は良心的過ぎますね。



IMG_4068_edited.jpg


せいろ(750円+550円)


北海道産の新そば。見た目極細。かなり細切りのそばですが、一口食べてそのコシの強さに
驚かされます。ゴワッとした噛み応え。これは美味いなぁ。香り立ち、味もよく、腰も強い……
となれば、心の中で「ラーメン大将♪」と口ずさんでしまうほど。自己主張のあるお蕎麦なのに
やっぱりここでもラーメンなのか(苦笑)。いやはや失敬しました。

ツユは、やや濃い目で骨太な味わい。甘さ控えめ、醤油のコクのある味が特徴。細い蕎麦だから
少量の汁で充分絡んできます。

ネギとわさび、必要最小限の薬味類。麺に乗せて食べるとそれぞれ味わいが違って、良い感じに
一味加えてくれます。

せいろを一枚追加して、とろとろ濃厚な味の蕎麦湯で完食。麺もツユも、そしてランチセットの
穴子天も隙が無く一度食べたら忘れられない、記憶に残る味でしたね。大変美味しかったです。
一瞬にして「うん、来て良かったなぁ」とトリコにさせる、ポテンシャルに感動。

同行者は穴子天を肴にして、真澄の純米吟醸をグビッ!グビッ!最後にそばで締めるコース。
誰もが羨むような、真っ昼間から思う存分ヘブンモードに突入していましたが(笑)、今度は
夜に訪れて、一品料理とお酒も楽しみたいですね。



IMG_4052_edited.jpg

せいろ  



IMG_4031_edited.jpg







広島県広島市南区段原1-7-18
11:30〜14:30 17:30〜20:30(ラストオーダー20:00)
休み 水曜
お店の詳しい場所


関連記事

category: その他 麺類

thread: 食べ歩き!  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret