Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

津田屋官兵衛(2回目)@北九州市 小倉南区 


IMG_3084_edited.jpg


麺はまだまだ進行形



IMG_4544_edited.jpg


ざる(450円)


ブレンボさん夫妻、たけさんとプチ遠征。思い立ったが吉日、先日の山口遠征のお礼参りも兼ねて
豊前裏打会の総本山『津田屋官兵衛』を訪れる事に。車は遠賀を出て、小倉方面にUターン。

午後3時前だというのに、駐車場はほぼ満車。麺の醍醐味を伝えるために茹で置きはしない方針なので、
店内にもズラッと待ち客が……。厨房にはご主人のごまひげさんの姿も。目が合い軽く会釈。顔は覚えて
いて貰えたようですが、流石に数日後の来店には驚いておられた様子です(笑)。15分位待ってから着席。

数分後、待ちに待ったご対面。明るく黄味がかった麺は、うどんの常識および先入観を覆す色合いです。
冷水できっちり締められた細麺。試しに噛まずに飲み込んでみると喉越し良く、踊るような啜り心地が
癖になります。ちょっぴり甘めのつけ汁ですが、麺とマッチ。 

公式ホームページにある一文、”麺はまだまだ進行形”。時代と共に進化は続いており、こうした向上心こそ
衰えを知らない人気の秘密でしょう。近年、直系が次々と九州北部に出店していますが、願わくは山口にも
進出して欲しい!!北九州の人は本当に幸せだと思いますね。(2011/11)



IMG_4552_edited.jpg

ざる 




IMG_3074_edited.jpg

IMG_3082_edited.jpg

ケパサさんばくさんと訪れた時に食べた「きつね(380円)」。なかなかネット上に出てこない
メニューらしく、ケパサさんの喰い付き具合が半端無かった、記念すべき一杯です(爆)。艶やかな
麺は温かいツユにも良く合います。(2011/09)



IMG_4561_edited.jpg




津田屋官兵衛

福岡県北九州市小倉南区津田新町3-3-20
11:00~16:00
11:00~16:00 17:00~20:00 (※土曜、祭日)
休み 日曜・月曜・1日
お店の詳しい場所
 

関連記事

category: うどん 九州地方

CM: 2 TB: --   

コメント

非常に残念です

オスカル池田さんがブログを閉鎖されました。

毎日楽しみにしていました

みはる #- | URL | 2012/03/04 16:38 - edit

みはるさんへ

残念でなりません。

ムギバヤ #FhoXIh.. | URL | 2012/03/04 18:16 - edit

コメントの投稿

Secret