Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

三平(3回目)@山口県 宇部市 


IMG_5798_edited.jpg


老舗の強み



IMG_5774_edited.jpg


ラーメン(550円)


久々、宇部の老舗ラーメン店に寄ってみました。レポートは昨年の夜営業時のものですが、今年に入り
夕方までの営業になったりと若干の変更点があるようです。

ドロッとした茶濁色のスープ、、、久留米ラーメンと強い繋がりを持つとされてきた「宇部ラーメン」。
麺友たけさんの話によると、戦後の復興期、久留米から宇部中央町に移り住んだ『三久(※既に閉店)』、
その親戚筋で宇部から久留米に赴き、ラーメン作りのノウハウを持ち帰った『大阪屋』。この2つの店を
起源として多くのフォロワーを産み、県内に浸透していったそうです。宇部ラーメンの全貌、その歴史を
紐解く伝聞録にはまだ続きがあるのですが、ここでは敢えて割愛させてもらいます。

『三平』のラーメンもそれに違わず、唇にねっとりとした感触が残る、とろみの付いたスープ。獣臭さは
抜け、甘い醤油豚骨味がクセになります。木嶋製麺所のストレート麺は短く、茹で加減は柔らか目ですが、
そのユルさ加減もご当地っぽくて良い感じです。

具はチャーシュー、メンマ、刻み葱。特にメンマは宇部ラーメンには欠かせない、影で支える名脇役です。

流石に老舗らしく、熟練の女性スタッフによる仕切りがテキパキとして、初訪の人はかなり地方的な色を
感じさせる、お店の雰囲気に浸ってみて下さい。(2011/12)



IMG_5792_edited.jpg

ラーメン 




中華そば 三平

山口県宇部市松島町17-6
11:00~16:00
休み 日曜 
お店の詳しい場所


関連記事

category: 山口西部 ラーメン

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret