Admin New entry Up load All archives

通 嘆 感 麺 + α

~麺を求めて レトロライフ~

ラーメン 六助(6回目)@山口県 山陽小野田市 


IMG_0330_edited.jpg


見事な復活劇



IMG_0348_edited.jpg


ラーメン(600円)


小野田の老舗ラーメン店『六助』。しばらく臨時休業を余儀なくされましたが、営業再開の一報が流れ、
早速行ってきました。記事をアップするのは約2年ぶりですが、実はこの間に2回ほど訪れております。
時は移っていきますが、過去の例に洩れず、更新を怠っているだけです(恥)。

大丈夫かなぁと心配しつつ、扉を開けると厨房で元気にラーメンを作っておられる二人の姿を見て一安心。
店内は再開を心待ちにした常連さん達でいっぱい。いつもの席に座り、大将と女将さんにご挨拶。当面の
営業時間ですが、平日は13時半まで、土日祝は14時までに切り替えるそうです。

訪問日は4/22(日)。今回食べたものが、再び味わえるかどうか分かりませんが、一応レポートを。

差し出された器の発するオーラに鳥肌が立ちました。見ての通りスープの色がかなり濃く、「濃厚だぜぇ~、
ワイルドだろ~?」と不気味に語りかけてくるような気さえします。美味さは言わずもがな、引き際もヨシ。
充分濃いのにサッと後口が引いて、さっぱりした喉越しに変わるのです。

そして麺も違った印象。木嶋製麺所の麺をカタ指定で注文するも、ダレてくる気配は皆無。食感を保ったまま
しっかり粘度のあるスープを絡めてきます。このスープの中で疎外されてないこと自体が凄い話です。

隙がありません。もはや「宇部ラーメン」の枠を超えてしまい、正直言って、こちらあちらが霞んでしまう
程の計算され尽くした一杯。滋味溢れる雰囲気や、ある種のユルさは一体どこへ行ってしまったのか(苦笑)。
半ば強引に誘ってしまった(謝々)ばくさんのブログ記事、最後の一文には完全同意。次は優しく柔和な味を
求めている自分が居たりと、ラーメンフリーク的には楽しさ倍増。これだから食べ歩きは止められない。。。

何はともあれ、営業再開は嬉しいです。そして、やはり何度も何度も通いたくなります。また落ち着いた頃に
食べに行きたいと思います。(2012/04)



IMG_0354_edited.jpg

ラーメン  




ラーメン 六助

山口県山陽小野田市中央3-5-18
11:30~15:00
(当面は平日11:30~13:30、土日祝11:30~14:00)
休み 火曜・金曜(※臨時休業の場合も)
お店の詳しい場所


関連記事

category: 山口西部 ラーメン

CM: 2 TB: --   

コメント

ご無沙汰です!

さて、六助さんの再開、良かったです~(笑)。

しかし、三平さん、一久さん、そして六助さんの画像を拝見すると、宇部ラーメンも「十麺十色」で面白かったです(笑)。

ソニーファン #- | URL | 2012/04/24 06:23 - edit

ソニーファンさんへ

お疲れ様です。

>さて、六助さんの再開、良かったです~

いや、本当に良かったです。今年食べた中で一番驚きました。
実物は画像よりも、濁りが半端無かったですよ。

ムギバヤ #FhoXIh.. | URL | 2012/04/24 22:05 - edit

コメントの投稿

Secret